基礎化粧品のうち、美容液の役割について

基礎化粧品のうち、けっこう化粧水と乳液があれば十分だと思っている方多そうですが、私は美容液が一番大事だと思っています。

すごく気に入っている本に書いてあったからというのもあるのですが、美容液の役割が肌への栄養補給ということも考えると納得の内容だったんです。

私個人はセラミド信者なので、基本的にはセラミドオイルを使用しています。

肌が健康な状態であれば、正直美容液だけで良いんではないかと考えています。

油分や水分が足りないから、化粧水や乳液を足すという理屈なので。

最近いろんなメーカーが安くて品質が良さそうな美容液を出しているので、面倒くさがりな私はいつもそれだけでスキンケアが完結する商品は無いだろうかとサンプルを手に垂らしたりして歩き回っています。

手の甲と顔の肌は違う構造なので最終的には顔に塗ってみないと分からない部分はありますが、試してみたい欲が最近特に強いです。

成分が濃く配合されてるので、合わない成分だと逆に肌が荒れてしまう恐れもあり、成分表示はチェックしてます。

私はコラーゲンがあんまり合わないので、成分表示でコラーゲンが上の方に表記されている美容液は購入する候補から外しています。

基礎化粧品についてはジプシーを繰り返しているので、今の美容液に完全に飽きてきたらまた色々試してしまうんだろうなと自分自身を予想しています。

役割としてはセラミド補給を目的にしているので、またセラミド系を買うつもりではありますが馬油も気になっている今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする